2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
窓ガラスが強風で、ガタガタ音を立てています。

春の足音は遠ざかり、また冬のような寒さに。
三寒四温。


こたつで丸くなっているいさむです。



今朝方、夢を見ました。

初めて付き合った、元カレの夢。
今は連絡を取り合うことのない彼。

大好きだったあの胸に、ギューっと顔を押し付けて。
他の誰にもないあの感覚をひたすらに感じながら。
そして
「やっと、くっつけたでや」
そう呟いた瞬間に目が覚めました。






辛いとき、悲しいとき、思い出すのは、彼の胸の中の感覚・感触。

今更、また連絡を取り合おうだなんて思わないし、会うことなんて考えてもいません。

フったのは、俺からだしね。



きっと、ちょっぴり弱っているんだろうね。
精神的には安定しているし、仕事も可もなく不可もなく。
不満を言い出せばきりがないけど、許容範囲だ。

すーっと安らぎに入ることができる、居心地の良い場所が欠けているのかもね。

「ヒヒヒヒヒ。バッカだなー!」

そう笑い飛ばしてほしいんだな。
だから、あんな夢を見たんだ。

「バカだなー!」

とりあえず、自分で笑い飛ばしておこう。
スポンサーサイト
2010.03.04 (Thu) 20:34
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。