2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
銭湯にておじさんと。
今日だけでケーキを3つも食べてしまいました。
体型が最近気になりながらも、食欲に勝てないいさむです、こんばんは。


今日は昼間に中学時代からの友人とドライブ。
夜は一人で銭湯へ。


んでね、その銭湯でちょっと怖い思いをしました・・・


俺は時々銭湯に一人で行きます。
ぶっちゃけ目の保養なんかも兼ねているわけですが、
ゆっくり何も考えずに風呂に浸かること自体、結構好きです。


その銭湯というのが、
ゲイの人が集まるということで、
地元ではちょっと有名なところなんですよ。
(もちろん、ゲイの間だけの話ですが)


んで、今日もそれらしき人がちらほら。


「あー、今日はタイプの人がいないなぁーーー」


なんてお気楽に風呂に浸かり、
体も温まったところでサウナへ。


すると一人のおじさんが俺に続けて入ってきたんです。
サウナ内には俺とその人の2人だけ。
明らかに行動・視線を見てもこっちの人。
年齢は40歳くらいかな。
別に気にも留めずにサウナで汗を流していた時、
そのおじさんが俺に話しかけてきたんです。


でもね、何を言っているのかいまいち聞き取れない。










おじさん「ゴニョゴニョ・・・○▲※↑・・・」


俺「?????」








耳をすまして良く聞くと、








おじさん「若い人が好きなんです。ダメですか?・・・ゴニョゴニョ・・・」








俺「・・・」

とりあえず無言でごめんなさいの会釈。
するとおじさん何を思ったのか、










おじさん「そうですよね・・・ダメですよね・・・ゴニョゴニョ・・・○■↓※・・・」











おじさん「あの・・・」













おじさん「指一本でだけでも触れちゃダメですか?」















「(内心)えーーーーー!!!」









とりあえず、内心怖くて怖くて無言のまま
またごめんなさいの会釈。












おじさんは「一本だけ・・・ちょっとだけでも・・・」
とごねるにごねて出て行きました。


その後も脱衣所で俺が出てくるのをずっと待っていたご様子で、
俺が体を拭いている様子を遠目からガン見。
帰りにすれ違いざままた声をかけられそうになったので、
逃げるようにして帰ってきました。


はぁ。。。。本当に怖かった。



俺も含め誰しもが歳をとるわけで、
別に歳を重ねた人が若い人がタイプってのは
全然悪いことじゃないと思うんですよ。
俺もそうなるかもしれないし。


だけどね、今日はそんなこと抜きに怖かったです。
スポンサーサイト
2007.04.30 (Mon) 01:40
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。