2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
関西旅行で恋に落ちました。。。
はい、題名は嘘です。
だって、ちょっと言ってみたかったんだもん。
ほら、街角で走っていて偶然ぶつかってしまって、
そこから恋に落ちちゃうみたいなね(笑)


もちろん、今回会った人はみんな良い人で
俺は皆さんとこれからも仲良くできたらって思ったけど☆


昨日、関西旅行から帰ってきました。

旅の思い出をいろいろ書きたいのですが、
あまりにも内容が濃かったため、
今度時間のあるときにゆっくり書きたいと思います。

こちらに帰ってきて、
朝・夕と自分の吐く息が白いことに気が付きました。
今週の土曜日には雪が降るかもしれないとのこと。
関西はまだ夏のような天気だったっていうのに、
日本列島は本当に縦長なんですね。

そんなこんなで歩きすぎですっかり筋肉痛のいさむです。
こんばんは。


今回の旅行では合計5人の人に会いました。
うち一人は会社の同期の女の子なので、
実質、こちらの人(ゲイ・バイ・同性愛に理解のある人)では
4人ということになります。


もちろん関西に行ったのは高校の修学旅行以来という俺は
みなさん初対面の方々。


んでね、観光名所に連れて行ってもらったり、
ご当地のおいしいものを食べたりもしたんだけれども、
それよりもいろんな方とお話できたことが
自分にとっては一番の収穫のように感じられました。


そこで俺が感じたのは
それぞれが各々のゲイとしての悩みだったり、
壁だったりをどこかに持っているということ。


今回会うことが出来た人はたまたま皆さん
ゲイとしての活動を全くしていないか、
ほとんどしていない人だったんですよ。


俺はゲイとして今までこれでも5年以上活動してきていて、
酸いも甘いも経験してきたつもり。


ゲイとしてこうしてブログを書いていたり、
ゲイの友達に会ったりすることが当たり前になっています。
日々の生活の中ですごく肩身の狭い思いをしていると感じることもあるけれど、
実はもっと肩身の狭い思いをしている人がいるんだっていうことに
今回気付かされ。


そこでもう一度ゲイであることがどういうことなのかということを
考えさせられました。


僕らはゲイとして生まれてくることを
望んでいたわけではない。
もしノンケに戻ることができる薬の一つでもあれば・・・
そんなことを強く思うこともあります。


ゲイということ意外は特別普通の男なはずなのに、
ゲイであるということだけで、
自分を塞ぎこんでしまったり、
周囲に奇異な目で見られてしまわないかと
心配が絶えません。


だけどね、ゲイである自分があなたがそこに存在していて、
ひたむきにゲイであることを隠しながらも、
日々を一生懸命生きていることもまた事実。


今回の旅行で出会えた人たちだってそう。
俺がもしゲイでなければ
絶対に出会えなかったはずだし、
思いを共有することもできなかったはず。


ノンケに恋をして辛い思いをしたり、
自分の将来を絶望視してしまうことも
多々あるけれど、
ゲイである自分を否定することだけは出来ればしたくない。
(俺も否定したくなることあるけどね。。。)


もしこのブログを読んでいて、
自分はおかしいんじゃないかって思う人がいれば、
俺は声を大にして「違うんだよ!」
って言いたい。


ゲイであることは罪でもなければ、
全然悪いことでもない。
もちろん普通の恋愛や結婚もできない。
親に孫の顔を見せてあげることもできないかもしれない。
どこかに常に後ろめたさを感じながら生きなくてはいけなくて、
本当はすごく窮屈な思いをしているんだ。
だけど、僕らはそれでも今ここにいる。
そう、あなたは一人じゃない。



・・・と熱く語ってしまいましたが、
ゲイということだけで、
肩身の狭い思いをしなくちゃいけないけれど、
今回の旅行を通してそれだけじゃないんだってことを強く感じました。


最後になりましたが、
今回の旅行にて
☆神戸で美味しいものをたくさん食べて、素敵な夜景を見せてくれたM君、
☆同じく神戸で長い間ずーっとメールの付き合いだったけれどやっと実際に会うことができたKくん、
☆京都で一生懸命に街を案内してくれて、楽しい話をたくさんしてくれたSくん、
☆最終日であまり時間がない中たくさん一緒に歩いて荷物を持ってくれたりと優しいYくん、
本当にお世話になりました。
どうもありがとう。


そしてこれからもよろしくね!!
スポンサーサイト
2007.10.10 (Wed) 22:16
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。