2017.07.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.09.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
旅行記最終篇
S君とバイバイした後、
そのまま京都駅に。

最終日に会ったのはY君。
Y君、すごくシャイで真面目な子でした。
んで、二言三言交わした後に言われたのが・・・


「初めて会うゲイの人なんですよ・・・」


えええーーーーー!!
俺、ここでも責任重大じゃないですか!!


いやはや、言動には気を使いました。


途中、

「やっぱりオカマっぽいところあるんですね・・・」

とか言われちゃったりして、軽く凹んだり・・・
俺、自称ノンケ風なんですが、ナニか!?



まずは東寺にGO!
歴史のわからん俺にはチンカスプンプン
・・・じゃなかった、チンプンカンプンだったけれども、
なんかすごいところだってことはわかりました!


次にその足で清水寺にGO!
修学旅行で来たことがあった(・・・ような気がする)
けれど、ゆっくり見るのは初めて。


お土産屋さんを巡って、
八つ橋を試食しまくり。
えぇ、もちろん買いません。
軽く冷やかしです。


まずは赤ちゃんがお腹から出てくる様子を再現した
なにやら真っ暗なところへ。


神秘の世界を謳っているようでしたが、
俺はそれよりもその暗さに恐怖感さえ覚え・・・
あまりの暗さにY君頭をゴン!
「ありゃまー」
と思っていた俺も頭をゴン!
ちょっと!建物の管理者!ちょっとは安全面配慮しなさいよ!!


その後、念願の清水寺に到着。



俺の今回の目的の一つに、
関西のおオバタリアンと一緒に写真を撮ることがあったんだけれども、
最終日まで実行できず。
しかーし、ここでオバタリアン発見!

CIMG0436.jpg




ただ、声をかける勇気もなく
こっそりそのオバタリアンの横に立って、
Y君に写真(上のやつ)を撮ってもらいました、笑


んで、お昼を軽く済ませて、
更に歩く歩く。
なんでもY君、歩くのが好きなんだとか・・・
いやはや、おじさんついていくのがやっとでしたよ・・・


途中、美肌の水みたいのが湧き出ているところがあって、
たっぷりお肌に染み込ませてきました(笑)


最終日ということもあって、
あまり時間がなかったので、
京都の街中をここでもひたすら歩き、

CIMG0441.jpg



舞妓さんの後をつけてみたりして、
喫茶店で軽くお茶。


その後は鴨川にて二人で語らい。
なんだかY君を見ていると、
数年前の自分を見ているようで。。。
自分のこともままならないのに、
他の人の助けになろうなんて本当はおこがましいことなんだろうけれど、
なんとか力になってあげたいって思っちゃったよ。
Y君、困ったことがあったらお兄さん(おじさんじゃないよ!)
にいつでも相談しなさいね!!


飛行機の時間が近づいていたので、
そのまま京都駅に。
ここでY君とお別れするつもりでいたんだけれども、
Y君大阪駅まで来てくれるっていうじゃないですか!


なんて優しい子なの!
しかも荷物まで持ってくれて。
どうもありがとうね!!


Y君とは大阪駅でさよならして、
伊丹空港へ。
もう伊丹空港に向かう電車の中とか、
飛行機の中とか爆睡でした。


んで、地元の空港に到着。
いや~、ちょっと前まで暖かいところにいたのもあってか、
こっちは寒い寒い。
ロンT一枚じゃ寒いっすわ。


んで、普通に次の日からは仕事。
それで今日に至るわけです。








と、時系列で(多少あやふやな所あり)書いてきましたが、
文才のない俺にはこういう文章書くのって、
すごく苦手なんですよ。
なので、いつもに増して読みにくい文章になってしまいました。
スイマセン。


今回の旅で出会った人はみんな良い人で、
それぞれがそれぞれの生き方や考え方を持っていて、
いろんな刺激を受けることができました。


ゲイの世界の人間関係ってすごくもろくって、
関係を続けることは実はすごく難しいことなんだけれども、
今回の旅で出会えた人たちとはこれからも
友達として付き合っていけたらと切に思います。


長々と書いた旅行記を読んでくださった方、
ありがとうございました。

そして今回の旅でお世話になった皆さん、
ありがとうございました。
スポンサーサイト
2007.10.13 (Sat) 21:03
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。