2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
うつ病
さっきの日記に関連して。


うつ病のイメージって、
たぶんすごく暗くって、
ちょっとヤバい人がなる。

そんな感じの人も多いんじゃないでしょうか?

俺もね、
ぶっちゃけこの病気になるまではそう思っていたんですよ。
だからうつ病って聞いただけで、
その人に嫌悪感さえ抱いていました。


だけどね、
自分がこの病気になって思いました。
それは違うんですよ。


誰でもなりうる、
本当に身近な病気なんです。
この病気になって、
周りに同じ病気の人が溢れていることに、
本当に驚かされました。
「実は自分も」
とか
「うちの旦那も」
なんて話が耳に飛び込んでくるんですね。


さっきも言ったけれども、
誰でもなりうる、
本当に身近な病気なんです。


何かで読んだんだけれども、
今ゲイの人にうつ病になる人が
増えているんだって。


セクシャリティがその人のどれだけを占めるかによって、
一概に言えない部分もあると思うんだけれども、
セクシャリティは
アイデンティティの一部を構成していることは
間違いないと思うんですよ。


社会ってノンケであることが前提で動いているから、
相手に悪意がなくても、
そのアイデンティティを否定されることがあるんですよね。
それをうまく受け流すことが出来ればいいんですが、
時にそれができなくなってしまうこともある。


一時的に落ち込む分には、
確かに辛いけれども、
まだいいのかも。


それがずっと続くとしたら、
自分でも自分を否定することしか出来なくなったとしたら・・・
それは辛いことですよね。


俺はそんな時心の中では
「自分がいたらみんなに迷惑がかかる」
「自分が生きていることが申し訳ない」
って思いました。





最近テレビでうつ病のことが取り上げられることが多いですよね?
それは社会のうつ病に対しての関心が高まっている証拠。

例えばねあなたの傍に、
いつも落ち込んでいて表情が冴えない人がいたら。

そんな時は話を聞いてあげてください。
だけどどうにかしようなんて思わなくていいんですよ。

「そんな辛いなら病院行っておいで♪」

って声をかけてあげてくださいな。
この病気って脳の中のある成分がうまく機能しなくなってしまう
病気だから。
そう「病気」なんですよ。
なんとかしてあげよう。なんて思う必要もないし、
そういうことは医者に任せればいいし。


テレビで
「うつ病の人には○○をしちゃいけない」
なんてよくあるけれど、
そんなことを気にしていたら疲れます。
いつも通りに接してあげてください。
あえて何かをしてあげようとする必要もなし。


ただ、一つだけ。
俺が一番辛かったのは

「あなたより辛い人はいる。」

とか

「自分の方が辛いんだから、そんなことで悩まれても」

って言葉だけ。
これだけは辛かった。

『そんなに辛い人がいるのに、
こんなことで悩んでいる自分はダメ人間だ・・・』

って更に落ちてしまうから^^;





いつかこの経験を本にしてみたいなぁ~
なんて思ったりしますね。
俺、ゲイのうつ病のことを
ネットや本で調べたんだけど、
あまりに情報が少ないんです。


んま、そんなこんなで。
この話題はこれで終了!

スポンサーサイト
2008.06.22 (Sun) 21:22
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。