2017.09.  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 2017.11.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- (--) --:--
根性
「根性ねぇなー!!」

なんて言葉をよく耳にするけれど、
僕は「根性」って言葉が嫌いです。

根性って一体何ものさ!?


辞書によると正確な定義は

「物事をあくまでやりとおす、たくましい精神。気力。」

とのこと。
こう定義だけを耳にすれば聞こえはいいけれど・・・

「根性」って言葉が出てくるときって、
大概にして自分に、もしくは相手に無理をかけるときの言葉でしょ?
その「根性」がうまく機能すればいいのだけれど、
時と場合によっては、それはプレッシャーの強制に他ならないわけで。


だから
「男なら根性で乗り切れ!!」
なんて言葉を言われた日にゃ、
俺は内心
「はぁ!?バッカじゃないの!?」
って思っちゃいます。
(それを表に出せず”YES”と言ってしまう俺はチキンに他ならないのですが・・・)
『男らしさ』って言葉もまた嫌いなんだよね。
そんなステレオタイプなんかいらなくって、
その人らしさがあればいいと思うんですよ。
もちろん
「男らしい人がタイプです。」
ってのとはまた別の次元の話です。


何か物事を最後までやり抜くことは
大切なことです。
だけれども、それを「根性」という一言では片付けてほしくない。
そう思うんですよ。


気力だけで物事を乗り切らせようとするより、
もっとその人のメンタル面を尊重してほしいわけです。
ある局面において、はっぱをかけないといけない時があるかもしれません。
そんなとき気力だけで物事を片付けさせようとはせず、
その人が今どういう心理状態で、どういう言葉が適切なのか・・・
「根性」好きな人には是非一考していただきたいですね。


なんだかまとまりのない文になりました。


何が言いたいかと言うと、
「根性論」だけで何でも乗り切れるという考え方は、
僕は嫌いだということ。
これって甘い考え方なのかなぁ。
とも思いますが、どう考えても好きになれません!


あ!ちなみに
「根性」は嫌いでも「男根」は好きです。
「やり抜く」ことは得意ではありませんが、
「やってヌく」ことは案外好きないさむです。
スポンサーサイト
2007.03.25 (Sun) 23:14
TRACKBACK
TRACKBACK URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。